お知らせNEWS

一覧はこちら

【アーカイブ配信のご案内】春爛漫!芸術に触れるスペシャルー美と知の贈り物ー
令和5年5月に開講いたしました、春爛漫!芸術に触れるスペシャルー美と知の贈り物ー をアーカイブ配信いたします。 本学の藤澤紫教授をはじめ、様々な視点から芸術について考える講座です。 この春、芸術に触れてみませんか? 皆様のご受講をお待ちしております。
http://kokugakuin.sa-advance.com/img/information/36_1.jpg
【開講のお知らせ】 死者と生きるー私たちは死といかに向き合ってきたのかー
令和6年度オンライン公開講座として、「|死者と生きるー私たちは死といかに向き合ってきたのかー」を開講します。 本講座では、これまで日本社会の中に存在してきた死生観について、とりわけ「死者との向き合い 方」から考えてみたいと思います。人々が「死」をいかに捉え、死者との間にいかなる秩序を築いて きたのかを知ることは、反転して、私たちの「生」のあり方を照射することにもつながるでしょう。 古代から現代に至るまで、人々の生活や社会のなかで育まれてきた「死者との向き合い方」を、多様 な学問の観点からお話しいただきます。
http://kokugakuin.sa-advance.com/img/information/33_1.jpg
【開講のお知らせ】 まつりとまちづくりーまつりの未来を考える
オンライン公開講座「まつりとまちづくりーまつりの未来を考える」を2月1日より開講いたします。 本学観光まちづくり学部の石垣准教授、小林教授をはじめ、神道文化学部在籍中で歌手の相川七瀬講師や 全国各地で祭りを守り継承していく活動を第一線でされてる講師陣による、講座となっています。 【概要】 まつりは、戦後の急速な産業構造の変化や生活の変容、価値観の多様化等の中でも、人と人を結び、人と地域を繋いできました。少子高齢化が進み、地域の人口が減少する中にあっても、まつりを伝え、或いは復活させようとする取り組みは各地で続いています。 「大切なものを守りたい」、「大切なものを伝えたい」と思う気持ちは、まちづくりの原動力でもありす。 まつりを何故伝えるのか、これからどう繋げていくことができるのかを考える中で、地域の良さを再発見し、課題に取り組む事例を見ながら、まつりが社会の成長において果たしている役割を多面的に読み解いてみたいと思います。 この機会にぜひご受講ください。
http://kokugakuin.sa-advance.com/img/information/32_1.jpg

講座を探す・申込む

  • フリーワード
  • 分野
  • 受講形式
  • 開催月
  • 曜日